★写真をクリックすると拡大します★
◆2002(平成14)年4月21日時点の西山火口の様子です。
◆2013(平成25)時点では,火山の噴煙が収まり,草も伸びて折れた電柱などが見えづらくなっています。
西山火口 ←今も噴煙を上げる火口のすぐ近くまで行くことができます。
有珠山西山噴火口 ←写真の噴火口以外でも,遊歩道のすぐそばでも噴気が,出ています。
水没した道路 ←散策路入り口付近にある西山火口沼。
以前の国道230号線の上です。水没した車もあります。
※水没した車両は,水量が増したため見えなくなっています。

水没した国道 ←水没した国道を正面から見たところ。道路が完全に,沼になっている様子がわかります。
折れた電柱 ←火口から流れてきた泥流によって折られた電柱。折れた電柱がたくさんありました。
道路の断層 ←町道が隆起した場所です。もう,いたる所が,ぼこぼこ。
隆起した道路 ←菓子工場の近くの隆起した道路です。道路が途中からかなり高く,盛り上がっている場所です。
道路と工場 ←もはや道路の形も残っていない場所と倒壊した工場。
倒壊した工場 ←倒壊した菓子工場。屋根は,噴石であいた穴だらけ。
洞爺湖幼稚園 ←南側出口付近にある,「洞爺湖幼稚園」の建物。噴石が,建物の壁に突き刺さっている。
幼稚園の遊び場 ←同じく幼稚園の遊び場。大きめの噴石がゴロゴロ落ちています。