歴史:近代・現代の写真

 ★写真をクリックすると拡大します★
新島襄海外渡航の地碑
新島襄の海外渡航の地碑~函館市


…「北海道第一歩の碑」の近くの倉庫を抜けると「新島襄」海外渡航の地碑があります。
新島襄は,新知識を海外に求めるため,1864年に江戸から函館に渡り,当時の国禁を犯して,上海経由で渡米しました。
修学10年後帰国し,同志社大学の前身となる「同志社英学校」を創設しました。2003.8.7
旧檜山爾志郡役所(きゅういやまにしぐんやくしょ)
旧檜山爾志郡役所(きゅうひやまにしぐんやくしょ)~北海道江差町

…1887(明治20)年,北海道庁の出先機関である郡役所と警察署として建てられたものです。
道内で唯一現存する郡役所庁舎として北海道指定有形文化財となっています。
江差中の中心部から上る坂の中腹にあり,修復工事により建設当時のきれいな色が復元された建物です。
また,建物の正面にある松は,箱館戦争の際に江差沖で軍艦「開陽」が座礁しているのを見た土方歳三が拳で叩いた?といわれる「土方歳三歎きの松」です。現在,江差町郷土資料館となっています。2009.11.1
樺戸集治監本庁舎
旧樺戸集治監本庁舎~北海道月形町


…1880(明治13)年に,萩の乱や西南戦争などの逮捕者らを大量に収監する場所として明治政府は,樺戸集治監をつくりました。
囚人は,開墾作業のほか,道路開削などの過酷な作業も行わされました。
その囚人達の様子を,吉村昭が「赤い人」(講談社文庫)で描いています。
写真の建物は,1886(明治19)年に焼失した後に建て直されたもので,廃監後には,町役場庁舎として使われました。
現在は,樺戸博物館となっています。入口のすり減った石段が歴史を物語っています。2000.7.23
復元されたチセ
アイヌの住居「チセ(チャシ)」


…木組みの柱に,茅(カヤ)などで壁や屋根を葺いたアイヌの住居チセ(チャシ)です。
釘は使用しないで,ツルなどの植物で固定して作ります。写真は,復元されたものと,復元最中のものです。
二風谷アイヌ文化博物館にて。2002.8.11
復元中のチセ
旧北海道庁舎
旧北海道庁舎~札幌市

…「赤レンガ庁舎」は,1888(明治21)年,明治政府が建設したものです。
塔頂部の高さは33mで,現在の11階建てビルに相当します。
赤レンガ庁舎は,1909(明治42)年に火災で,内部を焼失しましたが,1968(昭和43)年に北海道百年を記念して,創建当時の姿に復元しました。現在,国の重要文化財。2012.1.15
小坂 康楽館
康楽館(日本最古の現役木造芝居小屋)~秋田県小坂町

…1910(明治43)年に建てられた芝居小屋です。現役の芝居小屋として使用されています。
当時の小坂鉱山の厚生施設でした。回り舞台や切り穴など歌舞伎小屋の舞台裏見学もできます。
「明かり窓」は,桟敷の上部に設置され,自然光を窓の開閉によって光源としたもの。
「回り舞台」は,舞台中央の円形の部分を,舞台の地下で人力によって回すようにした装置です。
建物は,国の重要文化財に指定。2003.6.3/2008.6.
康楽館~回り舞台
新渡戸稲造の像
新渡戸稲造の像


…札幌にある北海道大学ポプラ並木の近くにある「新渡戸稲造の像」です。
新渡戸稲造は北海道大学の前身「札幌農学校」の卒業生で,国際連盟事務次長として平和文化活動に貢献した人です。
旧5000円札の肖像画にもなりました。2010.1.14
大東京の麗観(袋)
大東京の麗観(昭和初期の東京絵葉書)

…骨董市で見つけて500円で買った昭和初期の東京絵葉書「大東京の麗観」です。(詳細な時期は不明。)
銀座・日本橋・靖国神社, 浅草観音堂・上野・帝国議事堂・丸の内ビル街・皇居・明治神宮外苑絵書館の8枚入りです。2007.09.30

大東京の麗観(上野・大西郷銅像)
明治の農作業
明治の農作業~北海道黒松内町

…明治時代,農作業へ出発する様子です。カメラに向かって立ち止まって撮影されています。
男女とも手にはお弁当を持っています。
背中に「シバ(山野に生える小さい雑木)」を背負い,簑(みの)をまとっている人もいます。2009.11.24
養蚕=蚕棚
養蚕=蚕棚

…明治政府は,外貨を獲得するために養蚕を奨励し,生糸を輸出しました。
北海道でも屯田兵に蚕を飼わせ,札幌に官営の桑園を作りました。(札幌の地名「桑園」の由来)
写真の養蚕の様子は,1905(明治38)年に空知支庁の樺戸郡浦臼町に作られ,その後,開拓の村に移築・復元された,「旧田村家北誠館蚕種製造所」のものです。
昭和20年代後半には,道内では養蚕業は,ほとんど見られなくなりました。北海道開拓の村 2004.6.6
装蹄所(装鉄屋)
装蹄所(装鉄屋)

…「装蹄所」は,馬が物資運搬や農耕の中心だった時代に,蹄鉄(ていてつ)を製作していたところです。
写真は,大正から1945(昭和20)年まで札幌にあった装蹄所を再現したものです。北海道開拓の村 2010.6.18
昔の電話交換手
昔の電話交換手


…電話の加入台数の少ない頃は,電話回線をコード毎に手作業でつないでいました。
昭和30年頃の写真?私の母の職場の様子。
昔の電話交換手
1円タクシー
円タク(1円タクシー)

…1920年代に現れた,市内どこに行っても1円の均一料金で走った円タク(1円タクシー)です。
実際は,乗客が値切って料金が決まることが多かったとのこと。写真はT型フォード。江戸東京博物館2003.3.15
青い目の人形歓迎会
青い目の人形


…1927(昭和2)年「米国世界児童親善会」より、日米親善のために寄贈された「青い目の人形」の歓迎会です。
青い目の人形は、全国各地の幼稚園・小学校に配布され,北海道には643体が寄贈され,25体が現存するそうです。
(参照:Wikipedia「青い目の人形」)小樽市立忍路中央小学校2014.11
北海道の道路元標
北海道の道路元標~札幌市


…有名な旧北海道庁(通称赤レンガ))の正門横に,ひっそりとあります。
道路元標とは,各市町村の国道・道道の起終点とされていた標識です。
1928(昭和3)年初めて設置され,1982(昭和57)年に再建されたものです。2013.3.5
樺太犬タロ
樺太犬タロ


…1956(昭和31)年から南極観測隊にソリ犬として参加した樺太犬は,調査活動で活躍しました。
1958年1月から,犬15頭が零下40度を超える極寒の南極にとり残されることとなり一年後,15頭のうちタロとジロだけが,奇跡的に生きていました。
ジロはその後,越冬中の昭和基地で死亡。タロは4年余を南極で過ごした後,老衰で死ぬまで北海道大学博物館で飼育されました。
ジロの標本は,東京国立科学博物館に保存されています。2006.05.04
引き札
引き札

…「引き札」は,江戸時代から大正にかけて,商店が開店の挨拶や大安売りの時に宣伝のために配ったも広告の一種です。
デザインなどに当時の世相を見ることができます。2枚とも小樽の商店のものです。小樽市博物館2010.4.29
引き札
ロシア帝国紙幣
ロシア帝国で使用された紙幣(10ルーブル1909年)

…1909(明治21)年発行のロシア帝国時代の紙幣。縦長の珍しいデザイン。
サイズは,横10.4cm×縦17.4cm。紋章も入っています。古銭ショップで購入。
朝鮮銀行券
日本占領下で使用された朝鮮銀行券(1円 昭和7年)

…戦前の日本政府が占領していた朝鮮銀行券。
サイズは,横12.4cm×縦7.0cm。兌換紙幣の但し書きが印刷されています。古銭ショップで購入

砂糖の配給券
戦後,砂糖配給券


…戦後,甲府市で配られた砂糖の配給券です。
米穀類購入通帳
米穀類通帳


…いわゆる「米穀通帳」。お米の配給を受けるために発行されていた通帳です。
身分証の役割も持っていましたが,1981(昭和56)年に廃止されました。私の父親が持っていたもの。
  文明開化
馬車道
馬車道~横浜市

…横浜の関内駅を北西に進むと「馬車道」という名の通りがあります。
横浜が開港して,すぐ外国人から「馬車の通れる道を」という要望で整備された道です。
当時は,日本初のアイスを売る店やガス灯が並び,文明開化の最先端の場所だったそうです。2003.3.14
日本初のガス灯
日本初のガス灯(復元)~横浜市

…1872(明治6)年,横浜の大江橋から馬車道,本町通りにかけて日本初のガス灯がともりました。
横浜の「馬車道」にある関内ホール前に,日本最初のガス灯を記念するプレートと当時のガス灯を再現したものがあります。2003.3.14
文明開化の街の様子
文明開化 街の様子

…文明開化時の街の模型です。人力車や鉄道馬車のレール,煉瓦造りの家。そして当時の人々の様子が模型で再現されています。
江戸東京博物館2003.3.15

   北海道開拓
開拓小屋
北海道開拓民の小屋


…「開拓小屋」「開墾小屋」と呼ばれる北海道へ移住した人の住居です。
この小屋で厳しい北海道の冬を過ごしました。柱は丸太で,笹や茅で壁や屋根を作っています。
内部には土間があり,むしろを引いて居間としました。写真には,囲炉裏やランプが見られます。
明治初期の北海道開拓民の小屋を復元したものです。北海道開拓の村。2004.6.6/2010.6.18
琴似屯田兵村兵屋
屯田兵村兵屋~札幌市

…1874年(明治7年)開拓使は,最初の屯田兵を札幌の琴似に入地させました。
屯田兵は,軍隊でもあり,開墾作業をする開拓民でもありました。厳しい自然環境の中,小屋の煖房は囲炉裏だけ。
拡大写真には,説明板と記念碑もあります。(国指定史跡)2006_5_4
納内屯田兵屋
納内屯田兵屋


…現在の深川市納内に屯田兵が入地したのは,1895・96(明治28・29)年です。
後期屯田兵に当たるこの時期は,旧士族ではなく,主力は平民となり農地を開拓していきました。
写真の屯田兵小屋は,当時の一般庶民の住宅より良かったといわれています。
室内の壁には,屯田兵の制服が掛けられ,サーベルや銃が置かれています。北海道開拓の村 2010.6.18
納内屯田兵屋 内部
野幌屯田兵第二中隊本部
野幌屯田兵第二中隊本部~北海道江別市

…野幌地区に屯田兵が入植したのは1885(明治18)年で,写真の中隊本部はその前の年に建てられました。
この野幌屯田兵第二中隊本部は,最古の屯田兵関連の遺構で,北海道の有形文化財に指定されています。
建物は,現在屯田資料館として公開されており,屯田兵の各種資料が展示されています。
拡大写真にある開拓使の「五稜星」は,建物横上部にありました。2011.7.24
屯田兵軍帽
屯田兵軍帽


…兵卒用の屯田兵軍帽です。徽章部には,五稜星?江別市郷土資料館にて2011.7.24
屯田兵の辞令
屯田兵の辞令


…1893年(明治26年)に出された屯田兵の辞令。北海道開拓記念館にて2007.6.26
大通り開拓記念碑
札幌大通り公園 北海道開拓記念碑


…札幌大通り公園6丁目にある開拓記念碑です。
大通公園には,有島武郎文学碑や黒田清隆&ケプロン像などの歴史に関係する記念碑や銅像がたくさんあります。2007.8.31
北海道第一歩の碑
北海道第一歩の碑~函館市

…函館の金森倉庫群の近くにある「北海道第一歩の碑」です。
もともとの東浜桟橋で,明治維新以来,貨物船や青函連絡船・北洋漁業の桟橋として活躍しました。
多くの人がここから北海道の第一歩を踏み出しました。2003.8.7

開拓使札幌本庁舎
開拓使札幌本庁舎


…1869(明治2)年に北海道開拓のため開拓使が設置されました。
写真の建物は,1873年に建設された開拓使札幌本庁舎を復元した建物です。
中央の塔の部分まで入れると現在のビルの7階建てに相当する高さです。
本物の建物は,1879年に消失しました。北海道開拓の村2004.6.6
五陵星
北海道開拓の五稜星

…五稜星は,北海道開拓徽章として,北海道開拓使支庁,各支庁,北海道の官営工場の商標,服章などに使用され,北海道開拓のシンボルマークになったものです。
写真の五稜星は,以前の札幌時計台に使用されていたものと,当時の札幌農学校の行事の際,使用されていた装飾品を再現したものです。
現在の時計台,旧道庁赤レンガや札幌ビール園などの建物で五稜星を確認することができます。(拡大写真にあります。)2002.1.7

時計台内部にある五陵星オブジェ
札幌ビール園(開拓使麦酒醸造所)
札幌ビール園(開拓使麦酒醸造所)

…1876(明治9)年に開拓使麦酒醸造所としてビール醸造が,官営工場ではじまりました。
建設事業責任者となった村橋久成は,北海道の気候風土と麦やホップによる農業を盛んにする目的で,札幌を選びました。
札幌ビールのマークは,開拓使関連の「赤い星」=「五稜星」です。
※札幌ビール園の建物は,1890(明治23)年に製糖工場として建設されたものです。
「開拓使麦酒醸造所」は,現在の札幌ファクトリーのある場所に建てられました。サッポロビール博物館2006.6.25

開拓使麦酒醸造所の開業式酒樽
開拓使麦酒醸造所の開業式

…1876(明治9)年にサッポロビールは,「開拓使麦酒醸造所」として開業しました。
開業式の記念写真には,ビール樽を積み上げ白ペンキで「麦とホップを製(せい)す連者(れば) ビイルとゆふ酒に奈(な)る」と書かれています。写真は,開業式の樽を再現したものです。2010.7.17
札幌開拓使麦酒醸造所(現:札幌ファクトリー)
札幌開拓使麦酒醸造所(現:札幌ファクトリー)

…1876(明治9)年に開業した「開拓使麦酒醸造所」は,現在のサッポロファクトリー(北2条東4丁目)の場所です。
この地に残る北3条通りに面したレンガの建物は1902(明治35年)に建てられたものです。2006.6.25
札幌豊平館 名額と五稜星
豊平館~札幌市

…1880(明治13)年にアメリカ様式の高級ホテルとして開拓使が建造したもの。現在は,札幌中島公園内に移築されています。
バルコニーの上部には,開拓使の「五稜星」もついています。
最初の利用者は明治天皇で,管内にはゆかりの品も展示されています。国の重要文化財。2010.7.16
  榎本武揚
榎本武揚像(小樽市)
榎本武揚像~小樽市

1872(明治5)年に,榎本武揚が建てた祠をもとにした龍宮神社の境内にある榎本武揚像です。
左手には海の国際法「海津全書」をもち,右手には羅針盤を携えています。(説明板解説より)
写真手前のオンコの木は麻生太郎元首相が植樹したもの。2010.10.17

榎本武揚像 榎本公園
榎本武揚像~北海道江別市

…江別市にある新石狩大橋近くの工業団地の中に「榎本公園」があります。(場所が見つからずに探しました…)
円柱形の台座(一番下の台座は星形)の上に馬に乗った榎本武揚の像があります。
この場所は,北海道開拓使勤務時代の榎本武揚が開拓使から土地払下げを受け,農場経営をした場所です。
江別市発祥の地であるとともに,対雁番屋・駅逓の史跡でもあります。2010.6.18

榎本武揚「北海鎮護」
榎本武揚「北海鎮護」~小樽市

1872(明治5)年に,榎本武揚は小樽の稲穂・富丘地区に土地を購入し,祠をたてました。(現在の「龍宮神社」)
その後,1875(明治8)年は,榎本が日露間で「千島・樺太交換条約」を調印。
翌年に北海道移民のためにと,写真の「北海鎮護」の額を献納しました。2010.1.2

  お雇い外国人
北海道大学 クラーク像
クラーク像~北海道大学


…クラーク博士(ウィリアム・スミス・クラーク)が教頭として赴任した「札幌農学校」は,「東北帝国大学農科大学」→「北海道帝国大学」→「北海道大学」となります。
写真のクラーク像は,北海道大学古河記念講堂前にあります。初代クラーク像は1926(大正15)年に建立されましたが,戦争のための「金属回収令」によって献納され,現在は1948(昭和23)年に復元された2代目の像です。2014.1.16
クラーク像
クラーク像~北海道大学付属植物園


…上の北海道大学校内にある「クラーク像」の原型となったクラーク像です。
北大植物園内の宮部金吾記念館にありました。2006.5.3
クラーク記念碑
クラーク記念碑~北海道北広島市

…クラーク博士(ウィリアム・スミス・クラーク)は,1877(明治10)年に札幌を去ります。
石狩国境であった島松駅逓まで学生や職員が見送りました。
そこで有名な「青年よ,大志を抱け('Boys, be ambitious)」の言葉が出ました。
決別の地を記念して,1950(昭和25)年に写真の記念碑が建てられました。
拡大写真には,「寒冷稲作発祥の地」記念碑も写っています。2010.11.6
  関東大震災
東京都慰霊堂(旧震災記念堂)
東京都慰霊堂(旧震災記念堂)

…墨田区の横網町公園内の「東京都慰霊堂(旧震災記念堂)」は,1923(大正12)年関東大震災の犠牲者を慰霊しています。
当時,ここにあった陸軍の本所被服所が移転し,広い空き地となっていました。
その空き地に避難をしてきた人々が,火災旋風に巻き込まれ,関東大震災で最も悲惨な38, 000人の死者を出した場所です。
震災記念堂は,後に東京大空襲などの犠牲者も併せて慰霊される「東京都慰霊堂」となりました。
すぐ近くには両国国技館や江戸東京博物館もあります。2009.7.31
関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼碑
関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼碑

…墨田区の横網町公園内には,「東京都慰霊堂(旧震災記念堂)」の横に 「関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼碑」があります。
1923(大正12)年に発生した関東大震災では,混乱の中,根拠無い流言のために多くの尊い生命を奪われました。
「この碑は,震災50周年に,朝鮮人犠牲者を心から追悼するとともに,不幸な歴史をくりかすことなく,民族差別を無くし,人権を尊重し,友好と平和を願ってつくられたものです。」(参照:碑文)2009.7.31
震災遭難児童慰霊像
震災遭難児童弔魂群像~東京都墨田区

…横網町公園内にある関東大震災で被災し犠牲となった児童らを弔うために作られた「震災遭難児童弔魂群像」です。
オリジナル像(1944年に作成)は,戦争で撤収され台座だけが残りました。現在の像は,1961(昭和36年)に作製されたもの。2009.7.31
  千島・樺太
樺太日露国境第二天測標
樺太日露国境石(樺太日露国境第二天測標石)

…日露戦争後のポーツマス条約以後に樺太の北緯50度以南を日本が領有することとなり,1906(明治39)~1908(明治41)年にかけて4基の境界標が建てられました。
写真の標石は,北海道根室市「根室市歴史と自然の資料館」に保存されている本物で,2010(平成22)年に北大総合博物館で展示されたものです。
標石には菊の紋章と「大日本帝国」「境界」の文字,ロシア帝国の双頭鷲紋章と「ロシア」「1906」「国境」の文字が刻まれています。
北大総合博物館特別展にて2010.1.14
経度天測標と樺太日露国境中間標石
経度天測標と樺太日露国境中間標石


…経度天測標は,1893(明治26)年に旧海軍水路部が小樽市水天宮での天文測量より設置した石柱です。
1906(明治39)年の日露国境画定作業の際に正確な経度を測定するための基準点として使われました。
旧樺太日露国境中間標石は,北緯50度に設置された天測境界標石とともに17基設置されました。
写真の中間標石は,国境画定作業の記念として小樽市に寄贈されたものです。(説明板を参考にしています)
小樽市水天宮にて2010.10.17
旧日本郵船小樽支店
日本郵船小樽支店

…1906(明治39)年,日本郵船小樽支店の建物で,日露戦争後,樺太の日露国境画定会議が行われました。
建物は,現在,重要文化財にも指定されてます。
拡大写真は,樺太国境碑レプリカ,旧日本郵船の建物,日露国境会議室。2004.7.16/2008.2.11
日露国境会議室
本斗商工之栞
本斗商工之栞


…樺太にあった本斗郡本斗町(現在は,ロシアのネベリスク市及びネベリスク町地区)の商工会が,稚内-本斗連絡船航路を宣伝するために,1929(昭和4)年6月に発行したものです。稚内-本斗間で約7時間の船旅でした。
道庁樺太関係資料館にて2006.5.4(資料参照:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
)
稚泊航路記念碑
稚泊航路記念碑~稚内市


…稚泊航路は,戦前に稚内と樺太(現サハリン)の大泊を結んでいた航路です。
「国鉄稚泊航路」が開設されたのは,1923(大正12)年5月1日です。終戦直後の1945(昭和20)年8月24日に航路は廃止されました。
記念碑は,稚内港北防波堤ドームに連絡船の業績を顕彰する稚泊航路記念碑が建てられています。
(写真提供:澤本氏)2012.10.7

  鉄道・交通
鉄道馬車1
鉄道馬車


…「鉄道馬車」(=馬車鉄道)は,名前の通り,馬に引かせる鉄道です。
レールの上を走ることによって,普通の馬車よりもスピードが出たそうです。やがて鉄道馬車から路面電車となっていきます。
写真は,「北海道開拓の村」を走る鉄道馬車です。2010.6.18/20011.9.24
鉄道発祥の地碑
鉄道発祥の地碑~横浜市

…1872(明治5)年に新橋-横浜の間に日本初の鉄道が開業しました。この時の横浜駅が現在の「桜木町駅」です。
現在の桜木町周辺は,「みなとみら21」の入口にあたる場所となっています。
その桜木町の東側のひっそりとした場所に「鉄道発祥の地碑」が置かれています。
目立つ場所になく,人気もあまり無く場所を見つけるのに,駅周辺を探しました。
駅の改札口近くには,「お雇い外国人」として来日し,日本の鉄道建設の父とよばれるエドモンド=モレルのレリーフや古写真が飾られていました。2003.3.13
北海道鉄道開通起点標
北海道鉄道開通起点標~小樽市

…小樽市の手宮は,日本で3番目(最初は札幌-小樽)に開通した「幌内鉄道」の起点です。
炭坑からの石炭の積み出し用に造られた鉄道なので,産業鉄道としては,日本初となります。
小樽は,この鉄道のため北海道産業の中心地として栄えました。
小樽市手宮には,「小樽市総合博物館(旧交通記念館)」があり,記念標は,その敷地内に建っています。
記念館では,機関車の前部には,カウキャッチャーがある1909年製のアメリカ製の蒸気機関車にのることができます.2002.8.26
手宮線跡地
手宮線跡地~小樽市

…日本で3番目に開通した,旧幌内鉄道(手宮線)の跡地の写真です。2003.8.26
幌内:鉄道発祥の地碑
幌内:鉄道発祥の地碑~北海道三笠市

…幌内鉄道(幌内-小樽)の起点です。三笠市鉄道記念館の中にあります。2006.8.12
「弁慶号」製造銘板
アメリカから輸入した蒸気機関車の製造銘板


…写真のプレートは,1880(明治13)年~1889(明治22)年からの間にアメリカで製造し,輸入された蒸気機関車8両のうち,名前がついた6両の製造銘板です。
「弁慶号」「義経号」「しづか号」「比羅夫号」「信広号」「光圀号」の6両です。
(拡大写真は6枚の製造銘板があります。)小樽市総合博物館2008.2.11
SLしずか号
しづか号


…札幌~小樽(手宮)間を走った陸蒸気の「しづか号」です。アメリカ製なのでカウキャッチャーが前についています。
その他にも幌内鉄道には,「義経」「弁慶」「比羅夫」「光圀」「信広」といった陸蒸気が使われていました。
(拡大写真には,運転席の写真もあります。)小樽市総合博物館2003.8.26

機関車庫と転車台
機関車庫と転車台~小樽市

…1885(明治18)年に作られた機関車庫は,現存する日本最古のもの。レンガ積み一階建て。
機関車庫前にある転車台は,機関車の方向を変えるための装置。
1919(大正8)年に製造され,1974(昭和49)年まで現役で使用されていたものです。小樽市総合博物館2003.8.26
クロフォード像
クロフォード像


…アメリカ人のジョセフ=ユリー=クロフォードは,1878(明治11)年に開拓使から「鉄道並びに馬車道建築兼土木顧問」として雇われ,幌内鉄道(幌内-札幌-小樽)の建設に技師長として活躍しました。
最大の難所は,銭函~小樽間の切り立ったカムイコタン海岸の鉄道建設だったそうです。小樽市総合博物館2003.8.26
手宮駅長官舎
手宮駅長官舎

…北海道で初めての幌内鉄道の職員官舎として1884(明治17)年から使われた建物です。
北海道開拓の村に復元移築されました。窓などが洋風の建物で,同様の建物が6棟あったそうです。2004.6.6

大正時代の列車
大正時代の列車

…大正時代中期における小樽~倶知安間での三等列車風景を再現したもの。
タコストーブ」と呼ばれたストーブもあります。北海道開拓記念館にて20130.10.16
さよなら手宮線記念切符
さよなら手宮線記念切符


…1985年(昭和60年)11月4日に北海道初の鉄道である手宮線が廃止されました。
写真は,当時の国鉄で発行された記念切符の見本です。三笠鉄道記念館にて。2006.8.16

さよなら手宮線記念切符
  満州国
満州重工業開発株式会社の株券
満州重工業開発株式会社の株券(複製)


…満州にあった「満州重工業開発株式会社」の額面50円の株券です。
満州国紙幣
満州の紙幣(丙号券10角fen)

…満州中央銀行で発行された満州国紙幣。サイズは,横10.2cm×縦5.2cm。戦後は,無効になってしまったんでしょう。
1角は,1円=10角,1角=10分,1分=10厘と考えられます。
(HP「ナマでさわれる実物教材」の高橋さんからの情報)古銭ショップで購入

満州国切手
満州で使用された切手


…満州国建国10周年の記念切手。農民らしい人物とバックに工場がデザインされています。
満州の硬貨
満州の硬貨

(上)…写真の貨幣の表には国章と稲穂の図柄。裏は「大満州国」と「康徳九年」の文字。
(下)…満州国貨幣。写真の貨幣の表には向かい合った龍の図柄。裏は蘭の花,「大満州国」と「大同三年」の文字。

満州の硬貨
   文学・芸術
泉鏡花の生家跡
泉鏡花の生家跡~金沢市

小説家の泉鏡花は,1873(明治6)年に金沢市(現尾張町2丁目)に生まれました。
高野聖」で人気作家となり,鏡花の作品は「幻想文学」ともいわれます。
泉鏡花の生家は明治時代に消失し,現在,跡地は,記念館となっています。2007.1.21

泉鏡花の生家跡
小林多喜二住居跡碑
小林多喜二住居跡碑~小樽市

…JR小樽築港駅の南口に小林多喜二住居跡碑があります。
多喜二一家は,明治末に秋田からこの地に移住し,小さなパン屋を営んでいました。2010.6.18
小林多喜二記念碑
小林多喜二記念碑~小樽市

…「蟹工船」で有名なプロレタリア作家の小林多喜二記念碑。小樽旭山展望台にて2001.6
岡倉天心生誕の地碑
岡倉天心生誕の地碑~横浜市

…横浜開港資料館敷地内に,「岡倉天心生誕の地碑」がありました。
岡倉天心は,フェノロサに学び,彼と協力して東京美術学校を開設。日本美術に貢献した人です。
岡倉天心は,「石川屋」という生糸店に産まれ,当時の横浜開港にともない実家が福井から移転していたのだそうです。2003.3.14

岡倉天心プレート
岡倉天心の像
岡倉天心の像~福井市

岡倉天心は,越前藩士岡倉勘右衛門の次男として,1862(文久2)年に横浜で生まれました。
写真は,福井市中央公園の岡倉天心の像です。出張で福井市内をブラブラ歩いていて見つけました。
天心は,自身の心のふるさととして福井に愛着を持っていたそうです。2007.1.20
石川啄木一族の墓
石川啄木一族の墓~函館市

…「一握の砂」で有名な詩人の石川啄木一族の墓。
啄木が函館に住んだのは4ヶ月あまりですが,「死ぬときは函館で…」と言ったほど函館に愛着があったそうです。
1912(大正元)年に東京でなくなった啄木ですが,遺骨は婦人の希望で函館に移されました。
立待岬に行く途中の津軽海峡を臨む場所にある墓には,妻・子・両親が啄木と共に眠りについています。
墓の形は,樺太日露国境標石を模したものと言われています。
「東海の 小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる」の詩が刻まれています。2015.5.3
石川啄木一族の墓正面
啄木像 函館大森浜
石川啄木像~函館市


…石川啄木が好んだ函館大森浜に啄木小公園があります。
像の台座には,「潮かをる 北の浜べの砂山の かの浜薔薇よ 今年も咲けるや」とあります。
公園内には,西條八十が啄木に捧げた詩が刻まれている歌碑もあります。2003.8.6
啄木像 函館大森浜
石川啄木歌碑 札幌大通公園
石川啄木歌碑~札幌市


…札幌大通公園3丁目に,石川啄木像と歌碑があります。
歌碑には,「しんとして 幅廣き街の 秋の夜の 玉蜀黍(とうもろこし)の 焼くるにほひよ」とあり,歌碑側面に彫られた「秋風記」には,「
札幌は寔に美しき北の都なり札幌は秋風の国なり,木立の市なり」…と札幌について印象が刻まれています。
この彫刻は,啄木没後70年を記念して1981(昭和56)年に建立されました。2007.08.31
旧釧路川と啄木像
石川啄木像~釧路市


幣舞橋の近く港文館(旧釧路新聞社社屋の復元)にある,啄木像です。
啄木は,明治41(1908)年から釧路新聞に勤務します。
「石川啄木のよめる明治四十一年一月二十一日釧路駅で さいはての駅に下り立ち 雪あかり さびしき町にあゆみ入りにき」は,この時の心境を詠んだ歌とされています。
現在,建物は啄木資料館として一般に開放されており,さまざまな資料が展示されています。
2013.8.11
石川啄木 居住の地
石川啄木居住地跡~小樽市


…小樽公園通り商店街にある「た志満(たじま)」というお店には,「石川啄木居住の地」跡があります。啄木は1907(明治40)年この場所にあった南部煎餅屋西沢善太郎方二階に間借りしたとのことです。建物は,改築されています。2015.4.18